千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「権利なんだ」

【千田琢哉曰く、】


千田琢哉名言 423




千田琢哉著
『たった2分で、自分を変える本。
君の決意を変える63のサプリ』
より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。



【ゆうそ曰く】

「言葉を置き換える」とは、どういう意味でしょうか?

それは、「義務」だと思っていることを、
「権利」と置き換えてみるのです。

「義務教育」を「権利教育」

「納税の義務」を「納税の権利」

「扶養の義務」を「扶養の権利」

「法的義務」を「法的権利」

「義務」を「権利」にするだけで、前向きに考えられます。

「義務」というと、プレッシャーを感じますが、
「権利」というと、希望が感じられます。

千田琢哉曰く、
「正論がつまらないのは、当たり前のことをいくら叫んでみたところで
 そこに幸せを感じられないからだ」

そう、いくら正論と言えど、つまらないものはつまらない。

つまらない模範解答をいかに面白くするかが、
人生を楽しむコツです。














悦びのない人生は油のないランプである。

              byウォルター・スコット













言葉を置き換えるとは、人生を置き換えるに匹敵する。

言葉を前向きにすれば、人生も前向きになる。

一度きりの人生、楽しまにゃ損損。


【ヒトコトメイゲン】



千田琢哉名言 423 (2)

 「たった2分で自分を変える本」

0 Comments

Leave a comment