FC2ブログ

「説得力欠」

  【千田琢哉曰く、】

「経済力の問題で保険料が納められのは、
 
 恥ずかしいことです。」



千田琢哉著
『仕事がつらい時 元気なれる100の言葉』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


「だって、今ですら年金がもらえる額が減っているのだから・・・」

「でも、保険料納めていない人ばかりだよ・・・」

「どうせ、僕らが定年を向かえたら、年金なんてもらえない・・・」

そうやって権利ばかり主張して、土俵にすら上がっていない人ばかり。

千田琢哉曰く、
「義務を果たしてから、権利を主張するのが大人のルール」

これは、年金の問題だけではありません。

「選挙」もそうです。

選挙投票にすら行っていないのに、「今の政治は・・・」と言えない。

義務を果たしてから、初めてモノが言えるのです。












独立とは一軒の家に住み、他人に迷惑をかけないことだけではない。

                     by福沢諭吉













社会を支える一部になって、はじめて独立したことになる。

そのスタートラインにすら立っていないのに、主張ばかりでは
説得力の欠片の寸分の一の0.1もない。

義務を果たしてはじめて、人は聞いてくれる。











【ヒトコトメイゲン】

2013年12月21日23時14分56秒_001

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ