千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「GIFT」

【千田琢哉曰く、】

「この30年という寿命は、

 神様からのプレゼントです。」



千田琢哉著
『仕事がつらい時 元気なれる100の言葉』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


今日もまた気づかされました。

日々、気づいていくことが人間の営みなのかもしれません・・・

戦後の平均寿命が50歳。

現在の平均寿命は80歳。

つまりここ数十年で、30年も余分に生きられるようになりました。

30年も余分に生きられるなんて、
本当に神様からのプレゼントです。

千田琢哉曰く、
「老後は不安になるどころか、希望に満ちているのです。」

戦後を生きた人たちにしたら、「老後がある」なんて
夢のようです。しかも30年も。

その30年、好きにできるのだから、贅沢です。













真のプレゼントとは
見返りを期待しないプレゼントのことだ。

                by孔子















この与えれた30年で、何でもできます。

人生をやり直すことも。

一分野を極めることも。

感謝してもしきれません。


【ヒトコトメイゲン】

2013年12月21日23時14分55秒_002

 「仕事がつらい時 元気になれる100の言葉」

0 Comments

Leave a comment