千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「歩み寄ることが人生」

【千田琢哉曰く、】

「人生でたったこれだけの信頼関係がないだけで、
 
 どんなに成功しても心は満たされない。」


千田琢哉著
『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


人生とは、「たったこれだけの」人間関係で
すべて好転するのです。

親に対して「ありがとう」と言える。

子に対して「ありがとう」と言える。

たったこれだけのことが、人間関係のすべて。

たったこれだけのことが言えなくて、
家庭崩壊している家も少なくありません。

たったこれだけのことが言えなくて、
社内崩壊している職場も少なくりません。

千田琢哉曰く、
「たったこれだけの信頼関係があれば、
 人生の壁はすべて乗り越えていける」

親に対して「ありがとう」が言える。

子に対して「ありがとう」が言える。

すべての人間関係の集約です。













人は誰でも理解されないものを持っている。
もっとはっきり云えば、人間は決して人間に理解されることはないのだ。
親と子、良人と妻、どんなに親しい友達でも。
人間は常に独りだ。

                    by山本周五郎










だからこそ、感謝の言葉が必要になってくる。

理解できない相手に対して、理解しようと歩み寄る。

それが人間関係、信頼関係。

たったこれだけのことなのです。







【ヒトコトメイゲン】



2013年12月16日06時11分34秒

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment