FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「許し合い」

【千田琢哉曰く、】

「あらゆる人間関係の悩みの根っこは、

 あなたの親子関係にある。」



千田琢哉著
『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。



千田琢哉(せんだたくや)
文筆家。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。
東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援に至るまで陣頭指揮を執る。

延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、‘タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行っている。





【ゆうそ曰く】


人間関係の悩みのすべてが、「親子関係」にある。

これはまた新たな気づきです。

つまり職場の人間関係、友人、恋人の悩みは
「親子関係」の悩みの模倣なんだと。

千田琢哉曰く、
「父親を許せていない人は、その父親と同じように振る舞う。
 母親を許せていない人は、その母親と同じように振る舞う。」

親の背を見て子は育つから、そのまま周囲に出てしまう。

わがままに育てられたら、思い通りにならないと怒る。

相手に冷たくしてしまうのは、嫌われるのを怖れているから。

人の話を聞けないのは、自分が聞いてもらえなかったら。

まさに親との関係そのままです。













もし、親子関係において、子供の抱えている問題を単なる邪魔や
重荷だと考えずに、子供との関係を築くいい機会だと解釈すれば、
親子関係は一変するだろう。
  
                   byコヴィー博士












子の抱えている問題は、親の問題の模倣です。

どんな小さな問題も、模倣に過ぎません。

親が向き合うことで、子も向き合う。

相手を許すということは、自分を許すということでもあります。


【ヒトコトメイゲン】



2013年12月16日06時11分33秒

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment