千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「聖域」

千田琢哉曰く

「同窓会が心の拠所ということ自体が
 
 何も進歩していない証拠だ。」 
                     

                         千田琢哉著『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。

「同窓会」・・・

それは思い出話か身の上話で時間を浪費する会。

あのときの青春を取り戻そうと期待するが、
現実逃避にしかなりません。

今が満足できない人が挙って、思い出に癒されようとする。

今に満足してる人は、必要ありません。

「過去<現在」となっているから。

千田琢哉曰く、
「心の友との再会に備えて、孤独の時間をこよなく愛する。」

「心の友」とは昔親友だった人ではない。

「心の友」とは孤独で挑戦している者同士が、出逢う場所。

同窓会に心の友はいません。












類を以て集まる。

       byことわざ












集まるというより、集まった集団が同じようなレベルになってしまう。

エネルギーは高きから低きへ流れるので無理はありません。

現実逃避の場所へ行くと、現実逃避人生完成。


ヒトコトメイゲン

2013年12月16日06時11分32秒_002

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment