FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「正解も不正解もない」

千田琢哉曰く

「人間レベルの地球ルールでは

 犯罪になったとしても
 
 神様レベルの宇宙ルールでは

 不正解になることもある。」


                          千田琢哉著『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。

 

「地球ルール」と「宇宙ルール」

地球ルール的な考えは、今、僕らが常識だと思っていることです。

けれど、この常識は絶対なのでしょうか?

所変われば、時代変われば、文化が変われば、次元が変われば、
今の常識は大罪になっているかもしれません。

逆に、今の非常識が正解になることも。

場所や時代が変わっても、変わらないものがある。

否、すべてが変わっても変わらないものがある。

それは、自分の中の「宇宙的なルール」

千田琢哉曰く、
「地球ルールの世間体なんて気にしなくていい」

「地球ルール」「世界ルール」「日本ルール」
なんて誰かが決めたこと。

宇宙ルール的には、微々たること。

自分の中の宇宙ルールこそ、信じるべきです。











文献に書いてあることは、すでに常識である。
問題はそのあとだ。
 
               by羽生善治












鵜呑みにしてしまうことが危険。

常識とかルールは、一旦飲み込んだ上でどうするか?

自分で正解を出すことです。



ヒトコトメイゲン

2013年12月16日06時11分31秒

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment