FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「因果」

千田琢哉曰く

「恩返しする人は愛される。
 
 自然の摂理に則っているからだ。」
 
                            千田琢哉著『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。


「自然の摂理」とは、「因果応報」のこと。

恩を受けたら、恩を返す。

恩を受けっぱなしでは、バランスを崩します。

「何もしていないのに、理不尽な扱いを受けた」

「運悪く巻き込まれた」

宇宙がバランスを取るために、巡り巡って
違う方向から矢が刺さる。

と言うことは、
恩はやはり直接返さなければならないものかと考える。

けれど、これは物理的に無理な話。

すべての相手に恩返しなど無理な話。

「ご飯を食べる」という行為にしても、
「農家の人」「米を運ぶ人」「米を売る人」「米を炊いた人」
と一気に浮上する。

これで終わりではなく、
その人たちを支える人も無数に存在するのです。

すべて挙げたら、キリがありません。

突き詰めたら、この地球そのもの、宇宙そのものに支えられている。

すべてのものに恩を返していたら、この人生すら足りない。

では、どうすればいいのか?

それは、今、目の前の人を大事にするのです。

目の前の人に、どれだけ感謝できるかが恩返しなのです。













あまりに性急に恩返しをしようとするのは
一種の忘恩行為だ。
 
                 byラ・ロシュフコー













自分の都合で、恩返ししようとするのは
相手の為ではなく自分の為。

因果応報の構造はいたって、シンプルだが、
それを証明することは、人間にはできない。

だから、意図的に因果を解消することはできない。

僕らは巡り巡っている、因果の一部です。






ヒトコトメイゲン

2013年12月16日05時51分46秒_003

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment