FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「裏の裏は表ではない」

千田琢哉曰く

「自分が相手と同等と感じている場合、

 相手は2ランク上と考えよう。」
 
                             千田琢哉著『あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない』より。

今日の千田名言は、「何事も謙虚になれ」と
言っているのではありません。

残念ながら、裏を読んでも正解ではありません。

裏の裏でも正解ではありません。

そのままで正解。

素直な人が正解。

つまり、
「相手を同等と感じたら相手は格上だと言う事実」

相手に追いついてきたと感じたら、相手はその上をいっている。

千田琢哉曰く、
「自分があと一歩と感じている場合、あと百歩と考えよう」

でなければ、永遠に相手に追いつくことはできない。

そこで、事実を受容すれば追いつける。

追いつく頃には、すでに自分の実力の方が大きく上回っている。













中傷を受けない賢人よりも、
中傷を受けても動じない賢人のほうが格上だ。

            byセネカ













だから、批判される側はますます批判される。

だから、批判する側はますます批判する。

批判される側が進化していき、
批判する側は退化していく。

自然の摂理です。











ヒトコトメイゲン

2013年12月16日06時11分30秒

 「あの人と一緒にいられる時間はもうそんなに長くない 」

0 Comments

Leave a comment