千田琢哉曰く、

001.jpg


「学び」とは、「教えられること」ではありません。

「学び」とは、「教わる」こと。

あくまで、主体性をもって望むこと。

義務ではなく、権利。

学びとは、「受け身」ではなく「攻め」。

学びとは、「気づかせてもらうもの」ではなく、「気づくもの」。

同じ教えでも、自ら気づくのと、
気づかせてもらうのでは、身に染み方が10倍違います。

千田琢哉曰く、
「原因を他人に求める人は、誰からも学ぶことができないのだ」

原因は、自ら創り出す。

問題は、自ら送り出す。









悪い人は、善人のずる賢さに気づいていつも驚く。

                  byヴォーヴナルグ






悪人は、悪人だから悪に対して敏感。

すぐに偽善に気づく。

つまり、人間はどこまでいっても
自分の興味のあることしか反応できない。

気づけないのは、興味がないから。

自分の遺伝子が興味の無いものとして捉えている。

ゆうそ曰く、

002_20140110205203829.jpg

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ