FC2ブログ

「好」

  001_convert_20111120165617.jpg
001_convert_20111120165827.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『尊敬される保険代理店
「家業」から「企業」への脱皮』
より。


「本当に好きな人に
 
 好きだということほど

 自然の摂理にのっとった
 
 シンプルな行為はこの世に存在しない」



千田さん曰く、
『好きな人に「好きだ」という行為、
 
 皮肉なことに人間にとってこれが
 いちばん難しい。
 
 人類共通の課題。

 自分が本当に好きなものを
 少なくとも自分自身には正直でいたい。』
と。

昨日に続いて
「人間の究極の行為」

『好きな人に面と向かって「好きだ」という行為』
です。

千田さんは
これを「自然の摂理」と言います。

確かにその通りで
動物は
「子孫を残すことが究極の目的」です。

人間は動物とは違い
「感情」が発達した動物です。

「感情」を伝えることが
究極の目的になります。

その感情を伝えるには
「素直でいる」ことです。

それがこの究極の目的を達成するカギになります。

けれどこの「素直でいる」というのが
また難しいのです。

人が幸せになれない理由がそこにあります。


人に素直な気持ちを伝えるには
まず自分に素直になることだと思います。




追伸
感情には「喜び」「悲しみ」「怒り」「驚き」「嫌悪」「恐怖」
などがありますが、

もしこの悪い感情がなければ
世の中、
平和になるのではないかと思ったりします。

果たしてそれが正解か否か?



否、



その「悪い感情」がなかったら
「良い感情」も生まれない。

「悪い感情」があるから
平和であることを実感できるのです。

「物事すべて表裏一体」
だからそこに存在するのです。


 

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ