千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

千田琢哉曰く、

2014年01月04日22時17分55秒_001_R

パズルのピースがバラバラで、一つ一つがかけ離れているほど、
完成した時の感動は大きい。

これは、いわゆる人生のこと。

楽しいことや、つらいことを経験して
最後の最後に一枚の絵になる「自分」がいる。

楽しいピース。つらいピース。

どのピースも一枚の絵に必要な1ピース。

千田琢哉曰く、
「事象がかけ離れていればいるほどに、
 繋げた瞬間の感動も大きかった」

あのつらい1ピースが、この楽しい1ピースに繋がっている。

むしろ構造になっている。








点と点の繋がりは予測できません。
あとで振り返って点の繋がりに気づくのです。
今やっていることがどこかに繋がると信じてください。

                byスティーブ・ジョブズ







点と点が繋がって、初めて気づく。

繋がってから気づく。

はじめから、完成がわからないからおもしろい。

ゆうそ曰く、

2014年01月04日22時17分55秒_002_R

 「本を読んだ人だけがどんな時代も生き抜くことができる」

0 Comments

Leave a comment