千田琢哉曰く、

2014年01月04日22時57分15秒_002_R

この本で著者が一番言わんとすることが、今日の名言。

これ以上でもなく、これ以下でもなく、これ以外にはありません。

上司に手柄をすべて譲ることで、その上司が出世した時に、
一緒に引っ張り上げてもらえる。

好意には好意が返ってくるという好意の返報性です。

「与えるものは与えられる」という模範解答から始まります。

千田琢哉曰く、
「最後に天下を取るのは、上司に手柄をすべて譲る人間だった。」

サラリーマンである以上、どんな上司であろうと
「最高の顧客」で「最初の顧客」で「最後の顧客」です。











部下の手柄は上司のモノ。

             by大和田常務






この言葉は上司が使う言葉ではありませんが、
部下の意識は、常にこうでなければならないのが現実です。

どんな組織もこれがなければ、成り立たない。

部下あっての上司、上司あっての部下。

THEサラリーマン。




ゆうそ曰く、

2014年01月09日22時47分20秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ