千田琢哉曰く、

001_20140127213054248.jpg
2014年01月22日22時48分44秒_002


出世するために、謝罪を潔くする必要があります。

謝罪を潔くするには、2つのコツがあるといいます。

一つは、今日の名言。
「相手が謝ってほしい時に謝る。」

もう一つは、
「お辞儀を深くする。」

「相手が謝ってほしい時」というのは、
一番謝りにくいタイミングです。

「自分だったらこのタイミングで謝るのはつらい。」

そのタイミングに謝ると誠意が伝わります。

2つ目のコツは、
「深くお辞儀をする」ということ。

何度もペコペコお辞儀すると説得力がなくなり、
無価値してしまう。

だから一発勝負で「深く」。

この二つのコツでカッコいい謝罪になります。







謝るのはカッコ悪いことではなく、
カッコいい行動です。
謝ることは美学です。
 
             by中谷彰宏





「謝」るという字の中に、「言」うの字と「射」るの字があります。

そう、気持ちが伝わるためには、
相手のハートを射る必要があります。

「恋のキューピット」というより、「愛のキューピット」になるのです。

ゆうそ曰く、

2014年01月22日22時48分45秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ