千田琢哉曰く、

2014年01月23日22時16分18秒
2014年01月23日22時16分18秒_001

「1ピークを越えたところ」というのがポイントです。

時間を忘れ、ピークを越えて、心が冷めてきたら
もう手遅れです。

ドラマにしたって、毎回いいところでCMに入る。

マンガにしたって、毎回いいところで巻末になる。

その「名残惜しさ」でまた観たくなる。

人間も同じ。

名残惜しさを残しつつ、お暇する人は、
「また会いたい」となる。

千田琢哉曰く、
「いくら盛り上がっても、一時間奪われたショックは大きいが
 30分なら少し物足りなさを感じる。」

この物足りなさを、人を埋めようと意気込む。

物足りなさが原動力となる。

人類は「物足りなさ」によって、発展してきた。









一方はこれで十分だと考えるが、
もう一方はまだ足りないと考える。
そうした、いわば紙一重の差が大きな成果の違いを生む。

              by松下幸之助






物足りなさを与えるためには、
物足りなさを感じる必要がある。

ジラされたことがなければ、
ジラせない。

満たされる事に、ハードルは上がっていく。

力の入れ方が大事です。

ゆうそ曰く、

2014年01月23日22時16分18秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ