千田琢哉曰く、

2014年02月16日22時02分17秒_004

決断する際、
「出世する人」は、周囲が驚くような決断をする。

「窓際の人」は、周囲がため息をつくような決断をする。

出世する人は、決断の1~2割の改革を行います。

窓際の人は、現状維持に落ち着きます。

改革は痛みを伴いますが、次世代への期待感は抜群です。

この期待感に周囲は惹かれます。

変化がないというのは、「衰退」を示します。

千田琢哉曰く、
「人も組織も常に進化していなければならず、
 周囲をアッと驚かせる決断もたまには必要だ。」

1~2割の改革が、丁度いい。

2~3割の改革は、抵抗感が生まれる。

抵抗を感じるか、感じないかくらいが丁度いい。






偉大な人々は常々、
凡庸な人々の激しい抵抗にあってきました。

               byアインシュタイン







何かを変えるためには、抵抗が必要です。

すんなり変わることは、もともと変わる状態にあったもの。

変わったしても、成長はない。

少しくらいの抵抗は感じるべきです。

ゆうそ曰く、

2014年02月16日22時02分17秒_005

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ