千田琢哉曰く、

2014年03月06日22時58分51秒

昨日の名言
「粘着質にとって負けることは、自分の存在意義に関わるからだ」

粘着人にとって、負けることは死を意味する。

最後の最後まで反発するのが、粘着人の使命。

そんな粘着人。

あなたがそんな粘着人でないのは、
認めてくれた人がいたからです。

親でも兄弟でも友達でも先生でも、
認めてくれた環境があったから、粘着人にならずに済んだ。

相手に認められた人は、相手を認めることができる。

千田琢哉曰く、
「両親や友人などこれまで関わってきた人たちに感謝しよう。
 そうすれば困った粘着質を許せるようになるのではないだろうか?」

どんな人でも、粘着力がある。

相手の粘着質に気づくことが、
自分を省みることになります。









しつこく戸をノックする人こそが、
いつかそこに入れる。

               byユダヤの格言





「しつこさ」の方法を間違えると、粘着人になってしまいます。

自分のコンプレックスの解消のために「粘着力」を出すのは、
嫌われる。

誰かのために「粘着力」を出すのは、人間の役目です。




ゆうそ曰く、

2014年03月06日22時58分51秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ