千田琢哉曰く、

2014年03月20日21時44分21秒

「紹介者のレベルによって出逢いの質が変わる」

また新たな気づきです。

また新たな戒めです。

つまり、いい出逢いなのは、紹介者が良かったから。

つまり、悪い出逢いなのは、紹介者が悪かったから。

ここで気をつけなければならないことは、
自分が誰かを紹介するとき。

のべつまくなしに紹介すればいいものではありません。

自分の質が低ければ、
双方が質の悪い出逢いとなってしまうということ。

千田琢哉曰く、
「人を紹介する場合に大切なのは
 まず紹介者がきちんと双方に尊敬されていることだ。」

「双方に尊敬されている」がポイントです。

片方だけでは、メリットがないということです。

紹介者が一番のキーマンです。










袖振り合うも多生の縁。

          byことわざ







紹介する人、紹介される人、
どんな出逢いも「縁」があります。

お互いがお互いのエネルギーを下げてしまうのは
もったいない。

自らもエネルギーを高める努力が、いい出逢いを生みます。




ゆうそ曰く、


2014年03月20日21時44分21秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ