千田琢哉曰く、

2014年03月20日21時44分21秒_002

「人」の「為」と書いて「偽」り。

偽りとは、人の為ではないということです。

自分の為ではないことは、現に長続きしません。

どんなに世間体がよくても、どんなに建前がよくても、
自分に嘘をついている限り、幸せにはなれません。

千田琢哉曰く、
「本音を言って離れた人は、どのみち離れていく人。」

本音を言っても、言わなくても
どのみち離れていく人は決まっている。

早いか、遅いかの違いでしかない。

だったら俄然早いほうがいい。









偽りの自分を愛されるより、
ありのままの自分を憎まれるほうがましだ。

                byジッド







偽りの人生が安定しているのかもしれない。

本音の人生は、不安定なのかもしれない。

どちらを選んでも、自分の人生。


追伸
「情けは人のためあらず」と言いますが、
そもそも人に掛ける情けすら、自分の為である。


ゆうそ曰く、

2014年03月20日21時44分22秒

コメント

自分の心にだけは、正直に生きたいです。
非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ