千田琢哉曰く、

2014年03月20日21時44分23秒

確かにそうです。

部長、課長と言えど、会社が潰れても自分の腹は痛みません。

経営者サイドと、サラリーマンサイドに大別されます。

取締役以上は当事者で、取締役以下は偽善者といっても
極論ではなさそうです。

それが組織なのかもしれません。

千田琢哉曰く、
「部長が取り締まり役になれないというのは、
 サラリーマンから経営者になれなかったということに
 他ならない。」

ここがまさに分水嶺。

ここで、人間の資質が決まるのかもしれません。

本気な人間と、偽善の人間。

「天然」と「養殖」くらいの違いです。









わたしは取れるだけ取って、何も与えなかったのか。
あるいは与えるだけ与えて、何も取らなかったのか。
それもまた利己主義である場合がある。

               byジョリス






与えるから、受け取れる。

受け取るから、与える。

そうやって、代謝を繰り返すことで、
バランスを取る。

どちらも、これが当たり前だと思うと
うまく代謝できません。

ゆうそ曰く、

2014年03月20日22時25分20秒


コメント

当事者とそれ以外。

唸らされます。

僕も当事者でありたいです。

コメントありがとうございます。

どんな場面でも、「当事者」と「それ以外」に二分されます。
そう頭ではわかっているのにも関わらず、
気がつくと「それ以外側」に居たりします。
当事者を避けようとする癖が身に付いているようです。
非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ