FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「学生気分」

001_convert_20111128202638.jpg


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。


千田琢哉著『20代で伸びる人、沈む人』より。


「学生気分とは何か?
 
 傷をなめ合う仲間を
 
 失うことへの恐れ」



学生時代、友達と一緒にいると不思議と
気が大きくなったり、
安心感のようなものがありました。

どんな失敗をしても仲間と一緒に騒げば
「解決!」

今になってみると解決とは程遠く、
むしろ逆の方に向かっていたと思います。

それは要するに
「現実逃避で仲間に傷をなめてもらっていた」
のです。


「横断歩道、皆で渡れば恐くない」状態です。

実はこれはとても危険なことです。

「群集心理」が働いて
危機意識が低下してしまったのです。


「群集心理」は
集団の外部に対して鈍感になります。
その逆に
内部に対しては敏感になります。

一人がパニック状態に陥れば
全員がパニック状態になります。



僕の学生時代は
正にその状態でした。

命の危機はないにせよ
そのぬくぬくの学生生活のつけは
後々大きなものになっていきました。


友達と過ごすのがいけないわけではありません。
自分自身と向き合わなければならないということです。

「成功も失敗も自分自身と分かち合う」
これが本当に大切なことです。


追伸
千田さんの本を読んでいて
ふと昔を振り返ってみたら、
(むしろ、自然と振りかえらされてしまった感じ)

今となってみると
つじつまが合うことばかり。

このことに気づけただけでも
大きな転換になりました。

それもこれも千田さんの言葉あってのものです。
日々感謝します。

 「20代で伸びる人、沈む人」

0 Comments

Leave a comment