千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

千田琢哉曰く、

2014年03月20日22時25分20秒_001
2014年03月20日22時25分20秒_002
相手から力ずくで聞こうとすると、情報の質が低くなり、
熱心に耳を傾けていると、情報の質が高くなります。

同じ聞くにしても、そこには大きな差があります。

力ずくで聞こうとする人は、上から目線でふんぞり返っている。

耳を傾ける人は、下から目線で謙虚でいる。

どちらに質の高い情報を提供したいかは歴然です。

千田琢哉曰く、
「相手から力ずくで話を聞き出すのではなく
 相手の話を、傾聴しながらきちんと観察していたのだ。」

彼女のプレゼントも、直接聞いたらセクシーではない。

普段から観察している姿勢に惹かれます。









私たちは「見学の見」で
画家は「観察の観」で見ている。

             by本田宗一郎





意識の違いが顕れます。

当事者意識があるかないか。

興味本位で見るのか。

本気で観るのか。

ゆうそ曰く、

2014年03月20日22時25分21秒

 「不自由からの脱出」

0 Comments

Leave a comment