千田琢哉曰く、

2014年03月20日22時25分21秒_001
2014年03月20日22時25分21秒_002

一見当たり前のことを、言ってるだけに聞こえますが、
ここに気づけるか否かが、分かれ道です。

常識とは、自分が常識だと思っていることです。

つまり、ある人にとっては常識でも、
またある人にとっては、非常識であるということです。

年収が低い人にとっては非常識でも、
年収の高い人にとっては当たり前のことなのです。

現状を変えるためには、自分の今の常識を変えるしかありません。

千田琢哉曰く、
「年収を上げたければ、
 成功している少数派の常識を身につけることだ。」

一般人が8割なら、巷にありふれている常識の逆に
成功へのヒントがありそうです。

「こうしてはいけない」

「こうやったほうがいい」

「これがお得」

「それは損」

常識なんて、非常識。








お醤油ベースのお吸い物にあんこ。
非常識の中に常識あり。

               by松岡修造






非常識が万人に受け入れられれば、常識になり、
常識が万人に受け入れられなくなったら、非常識になる。

常識の水面下に、非常識がある。

非常識の水面下に、常識がある。

否、非常識を常識に変える人間がいるだけです。

否、常識を非常識に変える人間がいるだけです。

そうやってグルグルしてるだけです。

ゆうそ曰く、

2014年03月20日22時25分21秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ