FC2ブログ

「集合!」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「お金は正解を超えたところに集まる」


千田さん曰く、
『いつまでたっても人に使われている人生の人は
 発想が固い。

 固定観念、模範解答を捨てること。

 「かくあるべし」は不自由になる。』
と。


人が望んでいるのは
「かくあるべし」の正統派模範解答ではない。

そんなつまらない回答に人は惹かれません。

人の目は興味のあるものしか映らないのです。




「固定観念にとらわれるな」
と千田さんは言います。


そう、
世の中に
「こうでなければならない」
ものなんて一つもありません。


すべて自由です。





追伸
人は人前に出ると不安から
つい無難な模範解答をしてしまいます。


「無難」

「難」「無」くできたものほど
退屈なものはありません。





追伸2

「毎月少しずつお金を貯めていきなさい。
 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに。」
                       byアーネスト・ハスキンズ



難無くお金を得ようとしても結局
集まらない。

「正解」じゃダメです。

逆に「不正解」くらいでないと…

「社長肌」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「サラリーマンの延長線上に社長はない
 
 社長は新入社員の頃から社長」




千田さん曰く、
『今の仕事の延長線上に社長はない。

 そもそも考えるステージが違う、
 社長になれる人は最初から決まっている。

 奴隷の延長線上に王様はなく、あるのは
 奴隷のリーダー』
と。



また気がつかせてもらいました。

「気づきの名言」です。





確かに、
今の仕事を頑張って、頑張って
会社の為に貢献したら見えてくるのは
「社長の座」ではないかと誰もが密かに思っています。


しかし
千田さんは言います。

「社長になる人は、新入社員の頃から
 社長の考え方を持っている」

そもそも
考えている次元が違うのです。

社長になれる人は最初から社長。




「社長になりたかったら
 根本を変える必要がある。」

ん?

むしろ
変える必要がある時点で
すでに答えは決まっているのかもしれません…

残念…



追伸

世の中は「人に使われる側」と「人を使う側」と
この2つしかありません。

どちらの側に居るは自由。

望んだところに人は向います。


それはもしかしたら
生まれた時からすでに
決まっているのかも知れません。




追伸2

「テレビで偉そうに語ってる社長はバカだ。
 人間なんて99%、他人に支えられているものだよ」

                      by高村俊隆


千田さんは
「人は感謝の記憶力にめっぽう弱い」
と言います。


忘れてはいけないものは目の前にある。

「求めよ、さらば与えられん」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


「苦悩の先に幸福なんてない
 
 幸福の先に幸福があるだけだ」



千田さん曰く、
『「苦労すれば報われる」というのはウソ。
 「ひたすら好きなことに打ち込んでいると成功する」
 というのが本当。

 大好きな事の先にしかあなたの成功はない。

 「楽しまないと報われない」』
と。



「苦労して、耐えて耐えて耐え抜けば
 その先に必ずいい事が待っている・・・」

という根拠のない定説が今も世に蔓延っています。


千田さんは言います。
「嫌いなことを我慢してやっていても成功しない。
 単に寿命を縮めているだけ」


そう
苦悩の先は「苦悩」なのです。

危険なのは
その温度にいつしか体が慣れていってしまうこと。

その痛みに慣れて、感覚も鈍くなり
気がついたら年ばっかり取っていた…

という悲惨な結果に。


「人生をやりたいことで埋め尽くす」

これだけです。



追伸


人生って自分の思うとおりに
進んで行くもの。

望んだ人生がその人の人生。


ウソのようなホントの話。


「幸運の女神は準備されたところにやってくる」
                  
                 byパスツール



「道具」

 


千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『大人の流儀』より。


千田さん曰く、
『セールスで「もっと」売り上げを伸ばそうとして
 お客様にごり押し営業など強制すると既存客を失う。

 するとより一層がんばるから、ますます嫌われる。

 その悪循環で会社は潰れる。
 
 「どうしたら儲かるか」ではなく
 「そうしたら相手が喜ぶか」だけを考えるべきだ。』
と。



すべての始まりは「欲」から生まれました。

「もっともてたい」
「もっと強くなりたい」
「もっときれいになりたい」
「もっとお金が欲しい」


その「欲」が人を成長させる力です。

その「欲」を制御できなくなると
人は不幸へ向かうと千田さんは言います。




「過ぎたるは尚及ばざるが如し」
              by孔子


何事もほどほどが一番。
「~し過ぎ」はバランスが崩れます。


人は「欲」によって成り立ち、
「欲」によって身を滅ぼす。


使い方次第ですね。






追伸

「人間、欲のない人間になったらおしまいです。
 欲のだし過ぎはよろしくないが、欲の無さ過ぎも困りものです。
 欲がないのは大変きれいに聞こえますが、
 その実、骨を折ることが嫌い、精を出すのが嫌いで
 つまり人間が怠け者の証拠です」
                  by藤原銀次郎



「欲」をもって「欲」を制す。
 

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ