FC2ブログ

千田琢哉名言その3633

  2021年09月20日08時36分14秒0002_R
引っ張り合いが無数に行われているのだから、
敵の数は少ないに越したことはないということだ。


どうにでもなる部分を持ち合わせた組織で
生き残るには、敵の数を少なくすること。

だからと言って、自分を押し殺してまで、
敵を少なくする必要はない、

敵は無限に現れることを踏まえると、
敵を作らない事ばかりに時間を取られるのは、
愚行でしかないからである。

したがって、最低ラインだけ確保しておき、
残りの部分は仕事に注力すべきなのだ。

千田琢哉名言その3632

  2021年09月20日08時36分14秒0001_R
まくるからである。

そもそもこの世は、グレーゾーンだらけ。

組織もグレーゾーンだらけだから、
その部分に関してある意味では、
どうにでもなってしまうのだ。

やるべきことと、
やらなくてもいいこと。

本当はやるべきだけど、
ルールがないから、
やらなくていい
ということになる。

そのグレーを使って人を貶めることも
助けることもできるのだ。



千田琢哉名言その3632

  2021年09月13日07時49分54秒0006_R
バカバカしいほどに些細なことに挑んで、
アンチエイジングを習慣にしたい。


他人から見たらバカバカしいほどに些細なことでも、
自分にとっては最優先事項であり、最重要事項である。

本能や直感に従って思ったことなのだから、
間違いない。

それは、自分の世界からしたら、
1番大事なことなのだから。

したがって、世間体抜きで、
色眼鏡なしで自分に従う必要がある。

それに従ってさえいれば、
アンチエイジングできる。

千田琢哉名言その3631

  2021年09月13日07時49分54秒0005_R
しても引き寄せるチャンスに限りがあるというわけだ。

そもそも情報技術とは、
情報をA地点からB地点へ運ぶ手段である。

したがって、どれだけスムーズに情報が移動しても、
元の情報がお粗末であれば、
お粗末がAからBに移動しただけの話となる。
  
反対に情報技術がお粗末でも、
元の情報に力があれば、
移動してもしなくても、
人は集まってくる。

つまり元の情報にどれだけ価値を与えられるかが、
カギとなる。

千田琢哉名言その3630

  2021年09月13日07時49分54秒0004_R

寡黙とは口数が少ない人を指す。

しかし、イコール口数が少なければ
成功できるとは限らない。

なぜなら、口数が成功を決めているのではなく、
口数を行動力に転換できた人が
成功者であるから。

よって成功に不可欠なのは、転換力であり、
いかに静のエネルギーを動のエネルギーに転換できるかが、
カギなのだ。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: