FC2ブログ

千田琢哉名言その2968

  2019年10月02日20時33分04秒_R


ギャップ分析 

ギャップ分析とは、
理想と現実のギャップを課題と考え、
理想に近づけるためには、何が必要かを分析する課題抽出法。

ギャップ分析を行うには、
「As is」(現状)と 「To be(あるべき姿)」を把握することから
はじまります。

事実に基づき、「今がどうなっているのか」を把握します。

そして何を目指し、何を理想とするのかという
「あるべき姿」を明らかにします。

両者のギャップを探し出し、このギャップを埋めていくことで、
課題を発見することができます。

千田琢哉名言その2967

  2019年10月02日20時33分02秒_R


回復浴

世界の頭脳が集まると言われる
スタンフォード大学。

実は、スタンフォードは「スポーツでも名門」とされています。

そんな、スタンフォード大学の「スポーツ医局」において、
リカバリー法が数多くあります。

その中で、「回復浴」と呼ばれるものがあります。

これは、「冷水」と「温水」を交互に浸かる
「交互浴」と呼ばれるものです。

血管の収縮と拡張が繰り返されることで、
血流がよくなります。

血流がよくなると、
疲弊している箇所に多くの栄養が送られ、
早期回復につながります。

そして、温めたり冷やしたりすることで、
自律神経が刺激され、自律神経のバランスが整うのです。

自律神経が整うと、ストレスによる疲れも軽減されると言います。



千田琢哉名言その2966

  2019年10月02日20時32分59秒_R


体が不調になる原因

病気や体調不良になる原因の9割が
「血糖値」によるものです。

血糖値とは、血液内のグルコースの濃度のことで
この血糖値が高いことや、血糖値の急上昇、急降下が
体を不調にする原因なのです。

血糖値が高くなったり、急上昇、急降下してしまうのは、
「食事」が大きく関わっています。

血糖値が上がりやすい「食品」、
血糖値が上がりやすい「食べ方」によって、体が不調になります。

血糖値をコントロールすることは、
体調をコントロールすることに他ならないのです。

千田琢哉名言その2965

  2019年10月02日20時32分58秒_R


記憶の種類

脳は大きく分けると
「手続き記憶」と「陳述記憶」に分けることができます。

「手続き記憶」とは、自転車の乗り方や楽器の弾き方など、
身体が勝手に動くような記憶を指します。
一度身につくと、歳月が経っても忘れることがないのが特徴です。

「陳述記憶」とは、言葉や文字で陳述可能な記憶を指します。
いわば、頭で覚える記憶のことで、時間が経つと忘れてしまうのが特徴です。

そして、記憶には「時間」と密接な関係があります。

すぐに忘れてしまう記憶のことを「短期記憶」と呼び、
脳に止まっている時間は、わずが数秒から1分程度と言われます。

数時間から1週間程度と、
短期記憶よりも長い記憶を「近時記憶」と呼びます。

数か月から、数十年と長期にわたる記憶を「長期記憶」と呼び、
反復を繰り返すことで、長期記憶に保存されます。

千田琢哉名言その2964

  この世で最高のストレス解消法は、
2019年10月02日20時32分55秒_R


男と女と脳

原始時代、男性は危険が渦巻く外界に出かけて、
食べ物を手に入れ、それを家族に食べさせていました。

いわば、男の役割とは、家族を食べさせ
猛獣などの外敵から守ることにあったのです。

一方女性は、子供の世話をしたり、果実や木の実を集めたり、
同じ女性同士で一緒に過ごしていました。

いわば、女性の役割とは、家族生活や集団生活を
維持させることにありました。

男性は競争を好み、女性は協力を好むという
性質が伺えます。

このことから、男女とも
お互いが「優先するべきものが本質的に異なる」のです。

これらを踏まえながら、異性に接することで、
見えてくる世界もあるのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ